ペットが亡くなったとき、どうしたら良いの?

ペットが亡くなってしまったら

大切なペットが亡くなってしまったとき、どうしたら良いのでしょうか。
そのままにしておくわけにはいきませんし、自宅の庭に埋めるというのも、
小さな小動物であれば良いですが、ある程度のサイズになると衛生的に問題があります。
そこで基本的にはペットが亡くなった後は焼却処分することになります。
焼却の方法は、自治体の清掃局、環境衛生局などに連絡して引き取ってもらう方法と、
民間のペット葬儀社を利用する方法があります。
自治体の場合は文字通り焼却処分となりますが、民間のペット葬儀社に依頼する場合は、
人間と同様に処分ではなく火葬となり、意味合いが大きく異なります。

近年急速な成長を遂げたペット葬儀

ペット葬儀は近年急速に増えてきた新しいペット産業の一つです。
ペットブームを背景に、さまざまなペット用品は販売されるようになり、
動物病院の数も増え、ペット専用のホテルまである時代です。
ペットはもはや家族の一部のようになっているわけですので、
このような背景にあって当然必要となってきたのは、最後のお別れもきちんと行いたいと言う
飼い主の気持ちに応えるペット葬儀というわけです。
ペットに対してここまでしてもらえるのかと飼い主が感動するくらいに、
人間と変わらないような最後のお別れを行うことができます。
また、人間の葬儀にはないペット葬儀ならではのやり方も色々あります。
ペット葬儀社によってそれぞれ特徴が異なりますので、まずはよく調べてみることが大切です。

内容によって異なる費用

費用に関しては、それほど高額にはなりません。
もちろん、自治体による焼却処分と比べれば若干高くなりますが、
充実したサービスを考えると、決して高額とは言えないでしょう。
具体的には、自治体に焼却処分を依頼した場合の費用が数千から1万円前後であるのに対して、
民間のペット葬儀社でペット火葬を行った場合の費用は、1万円~5、6万円前後になります。
費用の差はペットの大きさによって変わってくるほか、合同火葬にするのか個別の火葬にするのか、
個別埋葬にするのか集団埋葬にするのか、さらには火葬の立ち会いの有無や返骨の有無などによって変わってきます。
合同火葬を行った場合は収骨ができませんので、必然的に合同埋葬となります。
詳しいことはペット葬儀社によく確認する必要があります。

火葬車とは

ところで、ペット火葬の大きなポイントの一つに火葬車による自宅前での火葬があります。
人間の火葬ではあり得ないことですが、ワンボックスカーの中に小さな火葬装置を搭載した
火葬車が自宅まで来てくれて、自宅の前あるいは、広場など他の人に迷惑にならない場所で火葬を行います。
火葬車は特殊な構造となっており、臭いや煙、ダイオキシンなどを発生などの心配はありません。
火葬車を利用するメリットは、火葬場まで行くことが困難な場合でも問題なくペット火葬を行うことができることです。
また、合同火葬は嫌だけど、もう少し簡単に個別の火葬を済ませたいという人にも魅力があることでしょう。
もちろん、火葬車による火葬を選択すれば最後に収骨を行うことができます。
このようないくつかのメリットがあることから、火葬車を利用する人も増えています。
ただし大型犬の場合、火葬車の種類によっては火葬が難しくなることがありますので、確認する必要があります。

ペットの供養

火葬後の納骨や供養に関しては、合同火葬を選択した場合のように個別に返骨できないときは、
遺骨の一部をペット葬儀社のほうで責任をもって保管し、供養することになります。
また返骨がある場合は納骨する場所を決めることになりますが、
ペット葬儀社の中に納骨室があるのが一般的ですのでそれを利用すると良いでしょう。
納骨や供養方法が決まらないときは、49日間は預かってもらえることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA