ペット火葬は納得してからお願いしてください

各企業によってサービス内容が異なります

大切なペットが亡くなった時は、ペット葬儀について考えなくてはいけないと頭を抱える方も多いです。
ペット葬儀をするのがはじめてと不安になられるケースもありますが、準備をしておけば安心して任せられます。
現在全国各地でペット葬儀に対応してくれる企業がありますが、各企業によって提供しているサービスもさまざまです。

お骨をどうするか考えましょう

納得して葬儀をするためにも、各企業のサービス内容について調べることをおすすめします。
お骨をどうするのか考える必要もありますが、ご自宅に置いておくのか、それとも供養してもらうのか選ぶこともできます。
大切なペットと離れたくない、家で一緒に暮らしたいという時はお骨を返してもらえば良いです。
お骨を返してもらう場合は個別火葬になることが多いですが、火葬をしてもらったのちお骨を拾い、
返却してもらう流れになります。
お骨をご家族が拾われるのか、それともスタッフに拾ってもらうのか選択できる場合も多いです。
お骨を返してもらう場合はお骨を拾ってもらうのか、それともご家族で拾うのか選択できるのか調べることをおすすめします。
お骨は骨壷や骨袋などに入れて返してもらえますので、その後の保管についてはご家族が責任をもって行ってください。
お骨は供養をして欲しいとご希望の方は、合同供養をしてもらう方法があります。
個別ではなく合同で火葬を行い、その後合同供養をするという流れになることが多いです。
寺院や霊園などで合同供養をしてもらえますが、お骨は返してもらえないのでよく考えて方法を選択してください。
どこの寺院や霊園で供養をしてもらえるのかを確認し、信頼ができる場所であるかどうか判断する必要もあります。

散骨する方法もあるので検討してください

お骨は自宅で保管しない、また供養もしないという場合は散骨することもできます。
散骨する場合は、まず散骨に対応している企業を探す必要があります。
ホームページで確認し、直接電話やメールで問い合せをして聞いてください。
次にどこで散骨してもらえるのか、場所を確認しましょう。
近場の海ではなく、遠方になることもあるのでよく場所を調べてください。
海であればどこでも良いという場合は良いですが、好きな海があるのでそこで散骨して欲しいと考える方もいらっしゃるでしょう。
希望する海や場所で散骨をしている企業はあるのか調べ、納得してからお願いをしてください。
近場の海など足を運びやすい場所であれば、付き添って散骨するのも良いです。
しかし遠方などで足を運びづらい場合は、スタッフが代わりに散骨してくれるか確認してください。
代行して散骨している企業も多く、サービスも充実してきています。

火葬や埋葬を行ったか確認してください

ペット火葬をお願いする際は火葬をしてくれたのか、埋葬も無事終わったのか確認することをおすすめします。
遠方で足を運びづらい、時間がとれないなどの理由でスタッフに代行して手続きをお願いされる方も珍しくありません。
火葬や埋葬をしたという証明書を後日送付している企業も多いので、証明書が受け取れるか事前に確認するのもおすすめです。
大切なペットが亡くなり、どうして良いか分からないと気が動転されることも考えられます。
慌ててしまうかもしれませんが、最初から最後までしっかり手続きを行ってくれたのか確認すると安心です。
また実際依頼される前に、どういった流れで火葬や埋葬が行われるのか調べ納得してからお願いしてください。
大切なペットとの最後のお別れになりますので、後からこうすればよかったと後悔しないように
手続きされることをおすすめします。

ペットの葬儀については相談するなら大森ペット霊堂http://www.petsougi.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA