最後のお別れの前に考えておくこと

落ち着いて手続きの流れを確認しよう

大事な家族の一員であるペットが亡くなった時は、どうすれば良いかと慌ててしまうかもしれません。
特に初めて経験される方は、これからどうすればよいのかと方法に悩むことが考えられます。
ペットが亡くなった時は火葬をお願いされる方が多いですが、さまざまな業者があるのでよく調べてから依頼してください。
突然ペットが亡くなってしまっても、至急対応をしてくれる業者もあります。
まずは電話をして、どうすればよいか指示を仰ぐのもおすすめです。
スタッフと話をすることで気持ちが一旦落ち着き、冷静に判断することができるでしょう。
手続きの流れも説明してもらえますので、全体の流れを把握して慌てないように手続きしてください。

至急対応してくれるところもあり安心です

全国各地に業者がありまますが、中には24時間電話対応をしてくれるなど良心的に対応してくれるケースも多いです。
ペットが突然亡くなった、夜間や早朝で誰にも相談することができないという場合も電話ができると助かります。
また可能な限り至急自宅まで来てくれて、ペットを引き取ってくれる業者も増えてきました。
電話をした際に希望の訪問日時を伝え、いつ対応してもらえるのか確認してください。
時間に余裕を持たせ、ゆっくりとやり取りができるようにすることをおすすめします。
大切なペットとの最後の別れとなるので、慌てないようにしっかり見送ってあげられるように準備をしてください。
約束した時間までにご家族で別れをすませ、スタッフにスムーズにペットをお渡しできるようにしてください。

しばらく自宅で安置される際は冷やしてください

お仕事で忙しいなどの理由で、すぐに葬儀ができないという方もいらっしゃいます。
その場合、ご遺体をしばらく自宅などに置いておく必要が出てきます。
ご遺体を綺麗な状態で保管するために、段ボール箱をはじめ各種用意してください。
段ボールは柩の代わりとして使えるので便利です。
はじめにペットについているホコリなど汚れを取り除き、その後段ボールの中にタオルやペットシーツをひいて、
ペットをゆっくり寝かせてあげてください。
そして氷をいれた袋や冷却材などを用意し、冷やすことが大切です。
首もとやお腹まわりを重点的に冷やし、温まらないように注意してください。
特に夏場など暑い季節は注意をし、エアコンをずっときかせるなどして室温を調整すると安心です。
冬場は暖房がきいていない場所や部屋に保管してください。
自宅で安置する場合、こまめに冷却材や氷を取り替えて常に冷やすよう心がけることも大切です。

ペットとのお別れの前にお供えしても良いです

ペットと最後のお別れをする前に、お供えものをされる方もいらっしゃいます。
生前よく遊んでいたおもちゃや、好んで食べていたペットフードなどをお供えされるケースも多いです。
プラスチック製のものなど、一緒に火葬ができないものもあるので注意してください。
最後のお別れの際に、お供え物も一緒に火葬できるかスタッフに聞いてみましょう。

思い出を残すために写真を撮るのもおすすめ

ペットと最後のお別れの前に、思い出を残すため写真を撮られる方も多いです。
お骨を自宅で保管されない場合も、ペットと一緒に生活をしたという思い出が残ります。
写真とともに位牌も用意されるなど、写真以外にも思い出を残すためのアイテムがありますので調べてみましょう。
ご自宅にあまりスペースがなくても、写真や位牌であればあまり場所を問わず残しやすいとの声もあります。
ペットが愛用していたおもちゃを全て残すことができないという場合も、写真は手元に置いて置きやすいと人気の方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA